会社概要

職人の紹介

ニュース

モデルハウス・ショールームのご紹介

LEGEND HOME

私たちの決意

私たちのつよみ

これまでのしるし

職人の本音

商品紹介

これまでのしるし

Kさまと職人・瀬田のお話

Kさま×瀬田(現場監督)

「一度目で満足のいく家を建てることができました」

【 瀬田 】今日は、家を建てた時のことを振り返って、いろいろとお話を聞いていきたいと思います。なかなかお施主さまから直接こういうことを聞く機会がないので、ちょっと緊張していますが…どうぞよろしくお願いします。

【 Kさま 】こちらこそ、よろしくお願いします。

きっかけは「子どもをのびのびと育てたい」

【 瀬田 】さっそくですが、家を建てようと思ったきっかけは何でしたか?

【 ご主人 】やっぱり、二人目の子どもができたことがきっかけでした。そろそろ庭つきの家をもって、のびのび子どもを育てたいと思ったんです。以前はアパートだったので、子どもたちが音を立てるのが気になっていて。

【 瀬田 】アパートですと、どうしてもお隣さんや階下の方を気にしないといけないですからね。

【 ご主人 】そうなんですよね。それで、二人目の子が生まれる時に土地を探しはじめて、不動産会社の方に今の土地を紹介していただいたんです。

レジェンドホームに決めた理由

【 瀬田 】うちと契約する前に、別のビルダーと話を進めていたんでしたよね。

【 ご主人 】ええ。土地を買った当初は、近所のビルダーにお願いしていました。でも、見積書に含むものと実作業とのへだたりがあって、契約にまで至らなかったんです。困っていたら、さがみ住宅の森本店長と瀬田さんが、夜遅くにも関わらず相談にのってくれて「なんとかしましょう」と言ってくれて…。あの時はとても心強かったですね。

【 瀬田 】本当ですか?ありがとうございます。

【 ご主人 】私の考えでは、いい職人はできない理由を考えるんではなくて、できる方法を考えてくれるものだと思うんです。私も建設関係の仕事をしていて、いろんな職人さんを見てきたからこそわかるんですが…。

【 瀬田 】そうですよね。

【 ご主人 】瀬田さんは、どうすればできるか、どうにか実現できるやり方はないかと進めてくれましたよね。だから、レジェンドホームさんになら任せられると思ったんです。

【 瀬田 】ありがとうございます。

想い描くイメージを現実のものに

【 ご主人 】瀬田さんは私がお願いする度、いつもすぐ対応してくれて…。直接会えることが少なかったので、メールやファックスでたくさんやり取りしましたよね。その時の資料は、全部とってあるんです。

【 瀬田 】ああ、ファイル五冊分にもなりましたか…。こんなにご要望を出される方って、実はなかなかいらっしゃらないんですよ。Kさまが最初で最後です。たくさんこだわりをお持ちでしたよね。

【 ご主人 】特に照明にはこだわりましたね。リビングやダイニング空間で心地よく過ごせるように照明を配置してもらったり、さまざまなシチュエーションに合わせて光を効果的に取り入れられる設備にしてもらったり、レジェンドホームさんには想い描いているイメージをすべて実現してもらいました。

【 瀬田 】ご主人は建設関係のお仕事をされているので、その辺りにとても詳しいんですよね。私がわからない専門用語もけっこうあったりして…。そういえば、玄関のキーボックスにもこだわられましたね。

【 ご主人 】はい。たくさんある鍵を種類別に収納できるスペースに、仕事に出かける時にいつも持っていく190mlの缶コーヒーが入るボックスをつくってもらって。朝、仕事に行く時には、鍵を取り出すのと一緒に缶コーヒーも取り出すことができて、気持ちよく一日をスタートできるようになりました。こんな無理なお願いまで聞いてくれて、ほんとうにありがとうございます。

【 瀬田 】お施主さまの理想の家を建てるのが、私たちレジェンドホームのフルオーダー住宅ですので、そのためにお施主さまのご要望はできる限り叶えたいと思っているんです。そして、奥さまのご意見を反映したのが和室ですね。

【 奥さま 】ええ、ほとんど主人に任せていましたが、和室には私の意見を取り入れてもらいました。床の間がそうですが、和室でくつろぐならこんな空間があればいいなと思ったのがきっかけですね。

【 瀬田 】この床の間のおかげで、ゆとりのある空間になったと思います。

建築現場で思い知ったこと

【 瀬田 】ご主人は、お仕事がお忙しい中でも現場へいらしてましたよね。

【 ご主人 】はい。仕事が終わった後で夜に行くことが多かったんですが、休みの日は昼間にも何度か行きました。一度、子どもと一緒に行った時に、大工さんがすごく真剣に黙々と仕事をされていたんですが、うちの子どもが大工さんの道具に触ってしまったことがあって。口数は多くない方だったんですが、その時に「それはだめだよ」とちゃんと子どもを諭してくれて、やっぱりこだわりをもって仕事をされているんだなと。他の方も、わからないことがあって話かけると、みなさん丁寧に説明してくれて、感じのいい方ばかりでした。

【 瀬田 】ありがとうございます。

【 ご主人 】そうそう、よく現場でたばこを吸う職人さんがいるところもありますが、レジェンドホームさんには現場でたばこを吸う人は一人もいなくて、すごくきれいに現場を保ってくれていましたね。そういう職人さんたちが家を建ててくれていることが実感できたので、最後まで安心して任せられましたよ。

【 瀬田 】私たちにとっては、建築現場は神聖な場所なんです。お施主さまの理想の家づくりのために、ただ作業をすればいいのではなくて、整理整頓された美しい現場環境があってこそ、いい家を建てられると信じています。

【 ご主人 】なるほど。今回は、家を建てるだけではなくて、地盤の補強もしてもらいましたよね。

【 瀬田 】そうですね。地盤調査をしたところ、地盤があまりよくないことがわかったので、地盤の補強作業も実施しました。その分、工期もずれましたね。でも、いくらいい家を建てたとして、土台が不安定だったら後々困りますしね。ある程度時間がかかったとしても、Kさまご家族が安心して住み続けられることが一番ですから。

【 ご主人 】家の見映えも大切だけど、家が建つ地盤こそしっかりと調査して補強すべきことだと、瀬田さんのおかげで改めて思い知りましたね。

世界にただひとつの家での暮らし

【 瀬田 】新居の住み心地について伺いたいのですが、まずは奥さまからよろしいですか?

【 奥さま 】キッチン廻りが回転導線になっていて、家事がとても楽になりましたね。朝は、洗濯機から洗濯ものを取り出してすぐに庭に干すことができるから、キッチンと洗濯場と庭の往復だけで済むんです。それから、キッチンでご飯をつくりながら、子どもたちがお風呂に入っている様子もわかりますし。将来、子どもたちが大きくなった時でも二階の子ども部屋に行くには必ず階段を使うので、「いってきます」とか「ただいま」とか自然に会話が生まれると思うんです。

【 瀬田 】お子さんも、家を気に入っていらっしゃいますか?

【 奥さま 】子どもたちも、部屋の中を走り回って主人と三人で追いかけっこをしたりできるのが楽しいみたいで。元気に遊びまわる姿を見ると、家を建ててよかったなと思いますね。

【 瀬田 】それはよかったです。ご主人はいかがですか?

【 ご主人 】趣味やこだわりをつめこんでもらった、最高の家ができました!たくさんある電気系統のスイッチをひとつの場所にまとめてもらったり、シューズクロークにはたくさん靴が収納できるようにして、姿見も玄関の高さに合わせたサイズにしてもらったり、更には警備システムがぴったり納まるニッチを事前に打ち合わせをしてつくってもらったりと、我が家の生活スタイルにぴったりの、世界にたったひとつの家です。

【 瀬田 】装飾にも、かなりこだわられましたよね。

【 ご主人 】はい。シンプルなものが好きなので、外観も内装もモノトーンでまとめています。それから、階段を上った廊下の先にあるニッチも。階段を上る途中から、飾った花が見えていい感じなんですよ。

【 瀬田 】二階の廊下のアクセントになっていますよね。どうでしょう?ご主人は新居について満足されていますか?

【 ご主人 】はい。もう完璧ですよ。満足のいく家が建てられるのは、一般的には三度目だという話をよく聞きますが、うちは一度で満足のいく家を建てることができましたね。

【 瀬田 】ありがとうございます!

【 ご主人 】それに瀬田さんは、家が建った後も定期的に来てくれて、不具合がないかどうか点検してくれますよね。少しでも気になったことはなんでもすぐに相談できるので安心です。

【 瀬田 】庭園をつくりたいというご相談を受けたのも、家が完成した後でしたね。

【 ご主人 】はい。おかげで、いい庭園をつくることができました。これからも、レジェンドホームさんには家のことで相談に乗ってもらいながら、一生もののお付き合いをしていけたらと思っています。

対談を終えて…職人からひと言

「完成イメージを持ってらしたので建てやすかったです」

Kさまの理想をしっかりとかたちにするために、ひとつひとつ丁寧につくりあげた家を喜んでいただけていることが実感できて、ほんとうによかったと思っています。家は、時とともに変化していくものです。これからますますご家族の成長とともにKさまにフィットすることでしょう。Kさまご家族がずっと快適に暮らしていけるよう、これからもお手伝いをさせていただけたらと思っています。こちらこそ、今後もよろしくお願いします。